海外エンタメ 千一夜物語

もの好きビルコンティが大好きなゲームオブスローンズを中心にゴシップ話も交えて、海外ドラマ・エンタメを一人語り・・・

ゲームオブスローンズ

ベン・ウィショーの『ジュリアス・シーザー』 見事なまでに情けないブルータスの絶妙

実物は、か細くて繊細で存在感もウスいのに、やや情けないキャラづくりに異様な説得力があるので作品のナラティヴを変えてしまい、圧倒的に新鮮な解釈をみせつけてくれるベン・ウィショー。 一部では当代随一といわれる役者のベン・ウィショーが、シェイクス…

シオン・グレイジョイ役アルフィー・アレン エミー賞ノミネーションが何故凄いのか?

『ゲーム・オブ・スローンズ』の第2シーズン以降、彼こそエミー賞に相応しいとファンコミュでは騒がれてきたシオン・グレイジョイ役アルフィー・アレンが、とうとうエミー賞ノミネート!がなのに、7月にノミネが発表されて1月以上!ほぼ何の情報も出てこ…

ゲームオブスローンスのヴァリス圧勝 ヴァージニア・ウルフなんかこわくない

『ゲーム・オブ・スローンス』のヴァリス役コンレス・ヒルが『ヴェラ・ドレイク』のイメルダ・ストウントンと一緒に主演を務める芝居『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』を見てきました。 3時間の上演時間中ずっと笑い転げてました。それも、悪趣味で…

シオン・グレイジョイ/リークに捧げる In The Woods Somewhere by ホージア

今週のお題「わたしの好きな歌」 もの悲しげなのに不気味なギターのフレージングに戦いのドラムのように威嚇的なパーカッション。そこに震えるようなホージアのヴォーカルが被り、深い闇を感じさせる"In The Woods Somewhere"。聴いた途端に魅せられました…

ラムジー・ボルトン 超悪党の魅力

「スターウォーズ」にはダース・ヴェイダー、バットマンにはジョーカー、「ハリー・ポッター」にはヴォルデモートと、不条理で圧倒的な悪漢がいてこそエンタメ度が増すアクション・アドヴェンチャーの世界。 複雑でリアルな人物像を扱うゲーム・オブ・スロー…

シオン・グレイジョイとラムジー・ボルトンの病みきった関係性 彼はリークから立ち直れたのか(2)

ラムジー・ボルトン(スノウ)とシオン・グレイジョイの不可解な結びつきを深読み、分析しまくるの続編です。 今回は、性的サディズムとか戦時捕虜の虐待とかストックホルム・シンドロームとか、本当に耳障りのよくない話題も入ってますので、嫌なかたは読ま…

シオン・グレイジョイはラムジーの"リーク"から立ち直れたのか?(1)二人の相似性考察

実は、アタシが一番興味を惹かれるストーリー・ラインはラムジー・ボルトンとシオン・グレイジョイの不可解な結びつきです。最終シーズンの熱狂も過ぎ去ったようなので、そろそろこれを語ってもいいかも・・・。 サイコパスの心理とか、代償行為とか、耳障り…

ゲーム・オブ・スローンズのスゴさと最終章最大の欠陥、"夜の王"の機能不全

8年間貯めてきた積立ファンドが半額になってしまったような、どうにもスッキリしないゲーム・オブ・スローンズの終りっぷり。デナーリスやジョン、ティリオンのキャラ展開に無理があったし~~~、地力のある役者順に死んじゃったから、最後はティリオンの語…

サンサ・スターク 凍てついた女王の戴冠 ゲーム・オブ・スローンズと最終話を振り返る

ゲーム・オブ・スローンズ最終シーズンの最終話、欲しがっていたものを手に入れたのは誰かと考えると、"北の女王"となって冠を頂いたサンサ・スタークが一番に浮かびます。サーセイと同じように女王になることが少女時代からの夢だったサンサ。 それでは、サ…

デナーリス/ジョン・スノウ 約された者たちの情念の悲劇 ゲーム・オブ・スローンズ最終話8.6読み直し

ゲーム・オブ・スローンズ最終章・最終話に飲み込まれることができず、ボヤキで終わってしまったビルコンティ。なぜそうなってしまったのかを反省しつつ、物語を支えてきた"約された"ヒロインとヒーロー、デナーリス・ターガリエンとジョン・スノウの物語…

タイレル家潰しは、七王国の復興を考えると間違ってるのだ!ゲーム・オブ・スローンズを振り返る

最終シーズン最終話のエンディング近く、ティリオンの下に集まったブロン、ダヴォス、ブライエニー、サムといった小評議会のメンツを見て七王国の黄金時代に向けた復興の兆しを感じられなかった私目。 なんでかな?そうだ、タイレル家がいないと・・・。 何…

ジョン・スノウは"約された王子"なのか? ゲーム・オブ・スローンズ最終章最終話に向けて

エピソード3では"夜の王"も倒せず、エピソード5ではデナーリス・ターガリエンの大虐殺を黙認しってしまったジョン・スノウ。"光の王"の女祭司メリサンドルに"約された王子"と認められ、死から蘇っても、これまで機能不全に陥っているジョン・スノウ。 それ…

デナーリス・ターガリエン的恐怖政治の始まり? se8-ep5先読みネタバレ ゲーム・オブ・スローンズ 最終章

やらかすんだろうな、やらかすんだろうなという視聴者の期待を裏切ることなく、やらかしてくれたデナーリス・ターガリエン。さすがに狂王エイリスの娘です。って、感心してる場合じゃない! 恐怖で始まったデナーリスのキャラのこれまで、ターガリエン的統治…

デナーリス女王には暗殺がおススメ!? ゲーム・オブ・スローンズ 最終章ep5予告編

サーセイとジェイミー&ユーロンの関係、デナーリスとジョン、ティリオンとヴァリスの裏切りなど、いろいろな登場人物の行く末を憶測してきましたが、多分 その多くの決着がつきそうなゲーム・オブ・スローンズ第8シーズンep5。 予告編と公開写真の気になる…

ヴァリス、英雄として死す! 王国というイデオロギーとリトルフィンガーの"カオス理論"

ジョン・スノウに王位継承権があることを知って、どうやらまた企みを巡らし始めた様子のヴァリス。 非常に長いあいだ、私にとってはヴァリスとリトルフィンガーが一番面白い王座争奪戦のプレイヤーだった。 この二人の思想の違いを考えてみた先読み記事を、…

サンサはリトルフィンガーになり、デナーリスはサーセイになる? se8-ep4先読みネタバレ ゲーム・オブ・スローンズ 最終章

愛する女のため、愛する家族のため、うろたえ思い悩む男たち。怒りや情念に任せて突き進む女たち。社会的枠組みに常に囚われている男性原理、ギリシア悲劇に出てくるパイドラーやメディアのように激情が炸裂したら止まらない女性原理。 という観点から見てい…

デナーリス・ターガリエンに勝機はあるのか? ゲーム・オブ・スローンズ 最終章ep4予告編

"夜の王"を倒して、勝利に沸くウィンターフェル城。「サーセイを根こそぎ倒してやる」と豪語するデナーリス・ターガリエン。だが、王都のサーセイはユーロン・グレイジョイを従えて不敵に微笑む予告編。 鉄の玉座争奪戦となる最終章後半。不確定要素の多いデ…

何故、シオン・グレイジョイはヒーローなのか?アルフィー・アレン讃

傲慢で女たらしのふざけた男から、父親に捨てられた不安を抱える青年の顔をのぞかせ、卑怯な裏切り者になり、拷問の被害者になり、人以下の生き物リークになり、トラウマに苛まれる生き残った被害者になり、そこから立ち直ろうと誰よりも高潔でストイックに…

最強の戦士アリア・スタークが生まれ、シオン・グレイジョイ死す ゲーム・オブ・スローンズ 最終章se8-ep3深読みネタバレ

「俺たちの敵は疲れる事もなく、止まることもなく、何も感じない」 ジョン・スノウの言葉通り、倒しても倒しても死体を亡者として使うことで、再び襲い来る"夜の王"の軍勢。勇敢なドスラク軍も鉄壁の軍規を誇る"穢れなき軍団"も崩壊状態に。不落と思われ女子…

サンサ・スタークとシオン・グレイジョイ、それは恋なのか?ゲーム・オブ・スローンズ 最終章se8-ep2ネタバレ先読み

"夜の王"の襲来前夜、戦士のつかの間に休息のように平穏な時間。旧交を温め、再会に思いを深める人々がウィンターフェルにはいた。 その中でも、ビルコンティが一番心を揺さぶられたのは、サンサ・スタークとシオン・グレイジョイの再会。ファンダムでは、二…

サンサ・スタークvsデナーリス・ターガリエン "冷血対ドラゴン"の戦い ゲーム・オブ・スローンズ 第8シーズン第2話予告編を読む

ウィンターフェル城に集った人々の間のさまざまな不協和音で不穏な幕開けとなった第1話。最後はブラン・スタークと彼を塔から突き落としたジェイミー・ラニスターの再会でした。 そして、ジェイミーを裁いているような場面から始まる第2話予告編。気になる…

サンサ・スタークはサーセイになってしまうのか? ゲーム・オブ・スローンズ第8シーズン第1話ネタバレ先読み

最初に殺されたのは幼いネッド・アンバー公と、相変わらず子供に残酷なゲーム・オブ・スローンズ。 とはいえ、第8シーズン第1話のコンセプトは同窓会と転校生っていうか、さまざまな再会と出会い。でもって、人間関係の不信と不和の種は尽きない・・・ とい…

シオン・グレイジョイ 心を病む罪人に救いはあるのか?

私の心に一番ヒビく登場人物は、大胆に活躍することもなく予告編にも出てこないシオン・グレイジョイ。 裏切り者・卑怯者、さらに人以下の召使、虐待の犠牲者・去勢者として、日のあたらない牢獄や犬舎、城の片隅や姉ヤーラの影で息をひそめて生きてきたシオ…

ブラン・スタークが全知になるには、また血の犠牲が必要なのか?

最終章・第8シーズンの放送まで2週間を切り!!! 待ち遠しいような、終わって欲しくないような・・・。ファンにとっては悩ましい今日この頃。 ということで、今シーズン話題のTVドラマ史上最長といわれる"夜の王"との”大いなる戦い"のキーパーソン、ブラン…

アリア・スタークの師匠ジャケン=フ=ガーとは、何者なのか?その正体は?

「ジョフリー、サーセイ、ウォルダー・フレイ、メリン・トラント、タイウィン・ラニスター、紅の女、ベリック・ドンダリオン、ソロスのミア、イリン・ペイン、マウンテン、ハウンド」これは、アリア・スタークの殺しのリスト。父親エダード(ネッド)の処刑…

ティリオン・ラニスター、裏切りという救済とその破綻

原作にある「不死の者たちの館」での予言からティリオン・ラニスターがデナーリスを裏切ることを予測していたビルコンティでしたが それが成就した今、ティリオンという男とその愛ある裏切りについて、もう一度考えてみます。

サーセイ・ラニスター いったい誰が凶悪女王を倒すのか?

夫であるロバート・バラシオン王を裏切って実弟のジェイミーとの間に子供を儲け、それがバレそうになると夫を殺害、真実を知る忠臣エダード・スタークを奸計で斬首刑に導き、我が子トーメン王に取り入った妃マージョリー・タイレルの一家と王都の民一区画分…

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終シーズン8本格予告編 アリアが~~~、大ショック!

待ちに待った予告編登場!と喜びたいところが、あのアリア・スタークが恐怖に息をのみ、血を流しなが逃げ惑っている!!!ブレーヴォスの地で過酷な修行に耐え、無敵の殺戮マシーンになったはずのアリアが、こんなに取り乱すなんで、どうして!??? もう、…

ロブ・スターク ナイーブな少年王に未来はない

クリクリ巻毛に憂いを帯びた青い瞳、少し頼りなげな細身のリチャード・マッデン演じるロブ・スターク。相次ぐ不幸に襲われる健気な少年王は、放送当時お茶の間の女性達の母性愛に訴えかけて~~~、人気沸騰。 とはいえ、そんなキャラもサックリ殺してしまう…

キャトリン・スタークは悲劇を呼ぶ愚妻だったのか?

皆が愛する主人公ジョン・スノウを継子イジメしていたので、ゲームオブスローンズのファンコミュではえらく不人気なキャトリン。 ティーザー予告でも「我が家にこんな恐ろしい不幸が降りかかったのは、すべて私が母なし児を愛せなかったから」と自分を責めて…