海外エンタメ 千一夜物語

もの好きビルコンティが大好きなゲームオブスローンズを中心にゴシップ話も交えて、海外ドラマ・エンタメを一人語り・・・

海外ドラマ

アリア・スタークの師匠ジャケン=フ=ガーとは、何者なのか?その正体は?

「ジョフリー、サーセイ、ウォルダー・フレイ、メリン・トラント、タイウィン・ラニスター、紅の女、ベリック・ドンダリオン、ソロスのミア、イリン・ペイン、マウンテン、ハウンド」これは、アリア・スタークの殺しのリスト。父親エダード(ネッド)の処刑…

ティリオン・ラニスター、裏切りという救済とその破綻

原作にある「不死の者たちの館」での予言からティリオン・ラニスターがデナーリスを裏切ることを予測していたビルコンティでしたが それが成就した今、ティリオンという男とその愛ある裏切りについて、もう一度考えてみます。

サーセイ・ラニスター いったい誰が凶悪女王を倒すのか?

夫であるロバート・バラシオン王を裏切って実弟のジェイミーとの間に子供を儲け、それがバレそうになると夫を殺害、真実を知る忠臣エダード・スタークを奸計で斬首刑に導き、我が子トーメン王に取り入った妃マージョリー・タイレルの一家と王都の民一区画分…

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終シーズン8本格予告編 アリアが~~~、大ショック!

待ちに待った予告編登場!と喜びたいところが、あのアリア・スタークが恐怖に息をのみ、血を流しなが逃げ惑っている!!!ブレーヴォスの地で過酷な修行に耐え、無敵の殺戮マシーンになったはずのアリアが、こんなに取り乱すなんで、どうして!??? もう、…

ロブ・スターク ナイーブな少年王に未来はない

クリクリ巻毛に憂いを帯びた青い瞳、少し頼りなげな細身のリチャード・マッデン演じるロブ・スターク。相次ぐ不幸に襲われる健気な少年王は、放送当時お茶の間の女性達の母性愛に訴えかけて~~~、人気沸騰。 とはいえ、そんなキャラもサックリ殺してしまう…

キャトリン・スタークは悲劇を呼ぶ愚妻だったのか?

皆が愛する主人公ジョン・スノウを継子イジメしていたので、ゲームオブスローンズのファンコミュではえらく不人気なキャトリン。 ティーザー予告でも「我が家にこんな恐ろしい不幸が降りかかったのは、すべて私が母なし児を愛せなかったから」と自分を責めて…

ネッド(エダード)・スタークみたいに不器用な東北人には、秘密はあっても花道はない

「水清ければ魚棲まず」「正直者は損をする」を絵に描いたようなネッド(エダード)・スターク。不器用だから持ってしまった秘密で妻も本来は甥になるはずのジョンも苦しめてしまいます。生き方、下手すぎでしょう!って、生き方ヘタなビルコンティも思ってし…

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終シーズン8ティーザー予告を読む

ウィンターフェル城の地下墓所に現れるジョン・スノウ。生みの母リアナ・スタークの彫像の前を通ると、リアナが兄のネッドに託した「あの子を守って」という言葉がが聞こえてくる。 リアナの許嫁だった簒奪王ロバート・バラシオンの怒りからジョンの生命を守…